人形、駄菓子、玩具と花火(福岡市博多区奥村商店のブログ)

福岡市博多区中呉服町の奥村商店のブログです。ひな人形、五月人形、駄菓子、玩具の販売を行っています。

奥村商店はどんなお店?

店舗の紹介記事とHPへのリンク

奥村商店新聞_2018年8月第2号

お盆休みも終わり、夏休みも後半戦。

少し暑さも落ち着いたかと思えば、台風が来たり、また気温が上がったり。

なんだか今年は天候に右往左往させられる毎日だなあと思う今日この頃。

みなさまお元気でしょうか。

最近の奥村商店としては、夏祭りや縁日でご利用いただくお客様も少し落ち着き、2学期の秋冬シーズンのイベントに向けた準備を少しづつ取り掛かっているところです。 

 

ということで毎度毎度、奥村商店新聞のご案内です。

(宣言通り8月は第二号を書き上げました!パチパチ)

 

奥村商店新聞は駄菓子、おもちゃ、節句人形、玩具花火など、奥村商店が取り扱う商品を取り上げたり、その商品に関連する話題に関するコラムを少しだけ書いております。

奥村商店新聞の8月の第2号ができましたので、公開します。

新聞はこちら

f:id:ko_okun:20180821191802j:plain

 

見出しは以下の通り

  1. カラフル!洗える!広がる創造力!オーストリア生まれのおしゃれな積み木

  2. 四五周年記念で増量 あの超人気駄菓子を 食わぬ手はない。の話

  3. しるこサンド販売しています。

  4. 博多中呉服町ミニミニ花火会のお知らせ

1.カラフル!洗える!広がる創造力!オーストリア生まれのおしゃれな積み木

まずは、2018年9月より販売を開始するジーピーさんの「ビオブロ」の紹介記事。

「ビオブロ」はブロックサイズは「1:3:15」の比率でできている、カラフルでプラスチックと木材の合成素材が特徴の積み木玩具です。

f:id:ko_okun:20180821192656j:plain

 

今年6月に行った「東京おもちゃショー2018」で、カタンなどのボードゲームを取り扱うジーピーさんのブースで目をつけていた商品です。

過去のブログ記事はこちら

okumura-shoten.hatenablog.com

 

さて、子供の創造性を伸ばす積み木という謳い文句では、「ビオブロ」と同じサイズの比率でできている「カプラ」が有名です。

ただし、大きな違いは、カプラは白木の積み木でできており、色はほとんど一色(※)であり、遊ぶ人の頭の中で着色する(実際に色をつけるというわけではないですが)という点で、非常に想像力が試されるおもちゃです。

ビオブロとは上述した通り、2つの点で大きな違いがあります。

まず一つ目の違いとしては、色が付いているということです。

以前のブログで紹介した際にも書きましたが、色が付いていることにより、立体を積み上げていく上での大きな補助線が引かれ、積み木遊びに取り組みやすいという点があります。(想像力の幅が狭められるともいえますが、、、。)

例えば色を交互に並べて立体物に模様をつけてみたり、動物や想像上の生き物を作ってみたりするのにも役立つでしょう。

また、ブロックに色がついているため、色を使った遊びも可能です。

ブロックを地面に並べてお絵かきをすることもできます。

色ブロックを数える簡単なゲームもできます。

青色ブロックは海、黄色のブロックは砂浜、緑色のブロックは森と言ったように見立て遊びもできます。

一つのおもちゃで、様々な遊びができる点では、優れていると言えるのではないでしょうか。

2つ目の違いとしては、プラスチックと木材の合成素材でできており、水に強いという点があります。

積み木はわりかし低年齢のお子さんも遊ぶことができますが、例えば口に入れてしまうこともあるかもしれません。ずっと使っていると手垢やホコリで汚れてしまうこともあります。

そういった際には、洗剤を使って洗い干すことも可能ですので、清潔な状態を保って遊ぶことができます。

また、思い切って砂場に持ち込んでも遊ぶことができるという点では遊び場が広がると思います。

とても魅力的で画期的な積み木だなあということで、9月より奥村商店で販売が決まっています。

長々と書きましたが、とても綺麗な色合いで、大きな魅力がある「ビオブロ」。

一言でいえば画期的な積み木です。

興味を持たれた方は、ぜひ奥村商店へお問い合わせください。

2.四五周年記念で増量 あの超人気駄菓子を食わぬ手はない。の話

2つ目の記事は人気の駄菓子「ビッグカツ」の話です。

ビッグカツを作っているのは、広島は呉市のメーカー「すぐる」さん。

メーカーHP:http://suguru-net.com/

今年設立から45年ということで、設立記念として、14枚入った「スーパービッグカツ」を2枚増量で販売するそうです。

f:id:ko_okun:20180822190409j:plain

時期は今年の9月からだそうです。

すぐるさんは今年の豪雨で被災されたそうで、なかなか大変な時期だそうですが、商品の遅れもなく、現在もビッグカツをはじめとした駄菓子を日本全国に届けています。

そんなすぐるさんを応援するべく、ピックアップさせていただきました。

ぜひお買い求めください!

3.しるこサンド販売しています

新聞で、駄菓子について取り上げて!という声がありましたので、続いても最近取り扱いをはじめたしるこサンドについて。

しるこサンドは言わずと知れた名古屋の銘菓。

名古屋は駄菓子をはじめとしたお菓子のメーカーさんが結構あるんです。

東海近辺では有名かもしれませんが、福岡ではそこまででしょうか。

リンゴジャムと北海道産あずきでできたあんをビスケットでサンドした、軽い食感のお菓子です。一枚が一口サイズなので、パクパク食べてしまいます。

www.instagram.com

ちょっとしたお茶菓子なんかにもいいですね。

あずきが苦手な人にも大丈夫ですよ!

4.博多中呉服町ミニミニ花火会のお知らせ

最後の記事は、奥村商店が主催するミニミニ花火会の案内。

主催と言っても、お客様にお声かけをして花火を楽しむ会という感じです。

開催の詳細は以下の通り。

 日時:2018年8月31日(金)

 場所:奥村商店駐車場

 時間:19:00〜19:45頃まで

 参加費:無料

 

 ※スペースの関係で参加は5組ほどまで想定しています。

当日は、花火の安全教室、おもちゃ花火体験(手持ち花火)、ミニミニ花火大会(噴出花火、ナイアガラ花火を10分程度)を行います。

参加費は無料ですので、夏休みの思い出がまだだ!という方、ぜひお越しください。

お子様の場合は、親御さんと一緒に参加をお願いいたします。

お問い合せ(tel):092−281−1578

お問い合せ(mail):info@okumura-shoten.com

 

~~~~

 

さて、新聞の中身は以上。

もうすぐ2学期。2学期といえば、運動会、遠足、七五三、観劇会、バザーなどなどイベント目白押しの時期です。

次回の新聞では、ここ2、3年人気が高まっているハロウィン仕様の駄菓子について紹介したいと思います。

今後も引き続き、いろんなおもちゃや駄菓子、それにまつわるいろんな情報を紹介していきます。

ピン!とくる商品がございましたら、ぜひ奥村商店までお問い合わせください。

それでは。また次回まで。

奥村商店について

奥村商店は博多区中呉服町明治17年より営業する玩具・駄菓子問屋です。

福岡市を中心に駄菓子屋さんやおもちゃ屋さんへの、駄菓子・玩具の卸売を行なっております。

また、卸売だけではなく、一般のお客様へのおもちゃや駄菓子の小売販売、雛人形五月人形(鯉のぼり、兜など)、盆提灯、花火を販売しております。花火に関しては一年中を通して販売しております。お気軽に足をお運びください。

住所 福岡県福岡市博多区中呉服町2-24

福岡市営地下鉄呉服町駅、蔵本交差点徒歩1分の距離です。駐車場もございます。

電話(節句人形・花火)092-291-5043 電話(玩具・駄菓子 )092-281-1578

Instagram okumura.shoten

twitter @HakataOkumura