読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人形、駄菓子、玩具と花火(奥村商店のブログ)

福岡市博多区中呉服町の奥村商店のブログです。ひな人形、五月人形、駄菓子、玩具の販売を行っています。

奥村商店はどんなお店?

店舗の紹介記事とHPへのリンク

宇宙戦隊キュウレンジャー第一話見ました。

前回のブログでは気になるおもちゃニュースとして「宇宙戦隊キュウレンジャー」について、取り上げました.。

イムリーな話題はみなさん興味を持っていらっしゃるようで、放送初回の昨日はいつもよりPVが多めでした。嬉しいかぎりです。

少しでも奥村商店の知名度を増やして行くことが、このブログを続けて行く目的なので、今後も少しづつブログを公開していきたいと思います。

さて、今回のブログでは、前回に引き続き「宇宙戦隊キュウレンジャー」について、2月12日に放送された初回の感想を少しだけ綴って見たいと思います。

宇宙戦隊キュウレンジャーってなんだ?って方は、前回のブログにあらすじや設定を書いてますので、ちょろっと読んでみてくださいね。

前回のブログはこちら。

okumura-shoten.hatenablog.com

 

第一話 「宇宙一のスーパースター」あらすじ 

悪の幕府「ジャークマター」に支配された88星座系。

キュータマに選ばれたオウシブラック、カメレオングリーン、カジキイエローはジャークマターの手下たちと戦闘しながら新たなメンバーを探していた。

戦闘現場にタマタマ居合わせたラッキーは、キュウレンジャーの戦いに憧れキュウレンジャーに加わるため自分のキュータマを見つけに、かつてオオカミの獣人一族が住んでいた星に向かうのであった。

感想その1 想定外の演出効果(CGすごい)!

スーパー戦隊シリーズ。正直に言いますと少しなめていました。

まあ、熱烈なファンがいるのは知っていましたが、あくまでお子様向けのTV番組だろうと。

しかし、実際に見てみるとかなり圧倒されてしまいました。

例えば、普通の市街地の情景の背後にCGで近未来的なデザインのビルを描いて、奥行きを出したり、戦闘シーンでは演者の動きに合わせてCGや爆発を重ねたり。

宇宙空間におけるシーンでは宇宙船などCG感を感じるのですが、戦闘などの人やロボットが動くシーンでのCGの使い方はかなり力を入れているのを感じました。

ハリウッドなどの大作映画と比べ、予算も限られているのだろうと考えると、目を惹きたいシーン(アクションなどの人が演技するシーン)にはしっかりCGなどの演出を使って映像を豪華にして、つなぎになるようなシーンはあっさり目にして、メリハリをつけているのかなと思いました。

感想その2 戦闘シーンがかっこいい!

その1と内容がかぶりますが、戦闘シーンが結構すごいことになっています。

初回ながらほとんどの戦闘シーンが圧倒的複数の敵が

キュウレンジャーに襲いかかってくるのですがカンフー映画を見ているのかと思うほど、キュウレンジャーがぴょんぴょん動き回り敵集団を蹴散らします。

基本的に一対多数の戦いですが、攻撃を避けては蹴りを入れ、銃を撃ち、武器で敵をなぎ倒します。カンフー映画は肉弾戦ですが、特殊効果の爆発やCGも動きにぴったりあっており、かなりカッコ良い印象でした。

キュータマを装着したヒーロー共通の武器がそれぞれの星座に合わせて変化する仕掛けになっており、星座のパワーを宿したキュータマを駆使して戦うという設定もうまく活かしています。今後登場するヒーローたちがどんな武器で戦うのか、他のキュータマを使った時はどんな武器になるのか、とっても期待してしまいます。

感想その3 オオカミブルーの戦闘コスチュームがイカしてる!

スーパー戦隊シリーズといえば、それぞれのヒーローがテーマカラーのコスチュームを着て戦います。

お絵かきゲームで「○○戦隊」というお題が出てもたいていの人想像をして絵を描くことができるのではないでしょうか。

それぐらい一般化された戦隊ヒーローのコスチュームですが、定まったイメージの中で、〇〇レンジャーの特性を考慮して、コスチュームやマスクをデザインするのは結構難しいだろうなと思います。

歴代のヒーローたちを調べてみても、テロテロ生地にモチーフの模様を描いて、マスクを変更するみたいな感じで、言っては悪いですが、似たり寄ったりで、ちょっと安っぽいなという感じがします。

歴代のヒーローたちを見るなら、調べた中ではこれが見やすいかも。リンクを貼っておきます。

nendai-ryuukou.com

 

で、今回のキュウレンジャー、第一話を見た印象からするとめちゃくちゃデザインがかっこいいし、とっても豪華!

まず、基本のコスチュームとして全員が上半身にプロテクターのようなものを着ているのでグッと高級感が増しています。

また、それぞれのキャラを見ていくと、星座の中から動物の星座がそれぞれのモチーフになっていて、マスクには星座のマークが描かれています。顔を覆うマスクには、そのヒーローのモチーフとなる動物の身体特徴が装飾されています。

カメレオングリーンなら、出っ張った目が頭部に付いてたり。

カジキイエローならマスクの鼻の部分がとんがってたり。

オウシブラックは機械生命体?の設定なので、変身後も体全体がアーマーを装着しているようなデザインになっています。

そして、今回登場した中で、最もかっこいいと思ったのがオオカミブルー。

変身前はオオカミの獣人という設定です。

f:id:ko_okun:20170213200008j:image

そして変身後の姿はこちら。

f:id:ko_okun:20170213200034j:image

一見普通のコスチュームに見えますが、はい、毛がモフモフです。

腕や胴体、膝に青い毛が生えてます。

更に首回りには、、、

f:id:ko_okun:20170212212955j:plain

ファーを巻いてます。

たいていのコスチュームはツルツルのテカテカというイメージを覆し、設定の獣人キャラを活かしたかっこいいデザインだと思います。

ちなみに、発売されるソフビのオオカミブルーにもモフモフの毛は再現してありますよ。仕事が細かい、、、。

写真はアマゾンの商品を見てくださいね。→http://amzn.asia/5TGmDN9

今回はキュウレンジャー9人のうち5人まで登場しました。

残りの4人のメンバーのコスチュームも気になりますね。

 

感想その4 ロボのおもちゃ、ついつい手が伸びそう。。。

キュウレンジャーの合体ロボ、「キュウレンオー」。

それぞれのヒーローが乗り込む宇宙船キューボイジャーが、合体して「キュウレンオー」になります。

リーダー役のシシレッドのシシボイジャーが胴体となり、他の4人のボイジャーがそれぞれキュータマ部分をジョイントにして、手足になります。

と文章で書いてもよくわからないと思うので、詳しくは公式サイトを見てくださいね。

キュウレンオー|宇宙戦隊キュウレンジャー|テレビ朝日

ほんでもって、この「キュウレンオー」のおもちゃも発売されています。

アマゾンで見ると現在7000円弱。

これ設定をうまく活かしているし、おもちゃの仕組みもよく考えられています。

大人になってしまえば、全然買えない額じゃないので、欲しいなと思うのですけど、とある理由で手を出すのが怖いのです。

この「とある理由」、全然間違ってるかもしれないですが、マーケティング?的にうまい仕組みだなあと思いました。

今書いてしまうと長くなってしまうので、「とある理由」についてはまたいずれブログに書きたいと思います。

とにかく、「キュウレンオー」は良いおもちゃだと思います。

まとめ

こんな感じで結構楽しみました。

他にもカジキイエローの榊原徹士さんの喋りが聴きやすく演技がうまいなあと思ったり、オオカミブルーが喋るとどうしても金髪で蹴りが得意なお兄さんを思い出してしまったり、ハミィ役の女優さんが可愛らしいなと思ったり。

色々思ったのですが、総じて大満足です。

見る前は、しんどかったらどうしようかなー、ブログに書いた以上、見なきゃいけないしきついなあなどと思っていたのですが、引き続きみたいと思う作品でした。

まあ毎回こんな感想はアップしませんが、、、。

初回だけしか放送されていないので、まだまだ話に追いつけますよ!

ということで次回が楽しみです。

 

住所 福岡県福岡市博多区中呉服町2-24

福岡市営地下鉄呉服町駅、蔵本交差点徒歩1分の距離です。駐車場もございます。

電話(節句人形・花火)092-291-5043

電話(玩具・駄菓子 )092-281-1578

HP   奥村商店ホームページ

Instagram okumura.shoten